柏のやぎはし整体院

当院は、芸能人/アスリート/音楽家/整形外科医も通うおすすめの整体院です。


柏市のやぎはし整体院のトップ画像
なぜ、スポーツ障害は再発するの?



【再発するスポーツ障害】



スポーツ障害は、非常に再発しやすいです。

治療は終了したのに、すぐにまた再発する方が多くいらっしゃいます。

再発の原因は、自分自身にあるのがほとんどです。

しかし、多くの方は自分自身の問題を見過ごしがちです。

すぐに、サポーターやテーピング、キネシオ、新しい最新のシューズに目を目を向ける方が多いです。

このような方は、再発しやすいです。

まずは、自分の体に目を向け、きちんと再発しない体作りをしましょう!!



<スポーツ障害の再発の原因>



スポーツ障害になった時、ただ単に痛みが取れたから、治療を終了していませんか?

痛みは、結果にすぎません。

痛みの原因となったものをきちんと改善しなくては、延々と再発を繰り返す悪循環に陥ってしまいます。

再発を防止するには、障害に至った原因をきちんと解決することが重要です。

障害が生じる原因は、

@関節の柔軟性がない

A筋力がない

B体の使い方が悪い

C姿勢が悪い

D骨盤が乱れている

E筋肉が硬い

などが、関与しています。



<当院での再発予防の整体> 



当院で、スポーツ障害を整体するときは、必ず、障害に至った原因を想定して、全身をチェックします。

病院勤務を経験しているセラピストであるため、筋肉や関節の状態を把握したり、姿勢や動き方を分析することには、自信があります。  

裏に隠れた真の原因を見抜き、再発を未然に防止していきます。


トップ


〜当院の考え〜




〜整体技術〜


〜当院の整体〜



神経系




首・頭蓋骨








産前(妊婦)・産後



腹直筋離開


腹直筋 超音波エコー検査


腹直筋離開で悩む方の集い


腹直筋のサポーター


腹直筋トレーニング法


腹直筋リセット法


腹直筋離開 質問集


トレーニング@


トレーニングA


トレーニングB


トレーニングC


トレーニングD


トレーニングE


トレーニングF


トレーニングG


トレーニングH


トレーニングI


トレーニングJ


トレーニングK


トレーニングL


トレーニングM


トレーニングN


トレーニングO


トレーニングP


トレーニングQ


トレーニングR


妊娠中の体重増加の内訳


産前(妊婦)・産後の尿漏れ


産前(妊婦)・産後 骨盤歪み


産前(妊婦)・産後の背中痛


産前(妊婦)・産後のむくみ


産前(妊婦)産後こむら返り


産前(妊婦)産後 鼠径部痛


産前(妊婦)・産後の恥骨痛


産前(妊婦)・産後の肩こり


産後の抜け毛


マタニティ・ブルーズ


産後うつ


産後のイライラ


産後の手首の調整


産後の手首の神経の調整


産後の膝の調整


産後の体型の崩れ


産後の尿失禁


むずむず脚症候群



ひざ







腰椎椎間板ヘルニア


腰椎分離症


腰椎すべり症


変形性腰椎症


腰部脊柱管狭窄症


慢性腰痛を改善する?


骨盤ゆがみと腰痛の関係


股関節と腰痛の関係


頸椎と腰痛の関係


坐骨神経痛の整体


坐骨神経痛の整体は筋肉


坐骨神経痛は筋膜の乱れ


腹筋から腰痛がでる?


婦人科の病気と腰痛


腎臓と腰痛の関係


関節の動きが悪いと腰痛


腰痛とインナーマッスル


腰痛と自律神経の関係


筋性腰痛のメカニズム


側弯症


仙腸関節炎


腰椎椎間板症


梨状筋症候群


ぎっくり腰


ハムストリングスの調整


腓腹筋の調整


背骨の関節調整


腰方形筋の調整


大腰筋の調整


腰部調整は、皮膚も重要


パーキンソン病と腰痛


痛みの記憶による腰痛


腰痛体操は間違い


骨粗鬆症による腰痛


腰痛とサッカーの関係


腰痛とバスケの関係


腰痛とテニスの関係


腰痛と野球の関係


腰痛とマット運動の関係


腰痛とバレーボール


腰痛 ラグビー アメフト




スポーツ




股関節




その他



関節リウマチ


骨折後の関節の硬さ


むくみ


重だるさ


(特発性)側弯症


踵骨骨端炎


冷え性


仙腸関節炎


神経障害性疼痛


肋間神経痛


呼吸の調整


肺がん手術後の痛み

(背中・胸)


ぎっくり背中


ぎっくり脇腹


脳腫瘍・小脳腫瘍の手術後

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など


脳梗塞・脳出血後の後遺症

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など