柏で「ぎっくり腰」なら、当院へお越しください!!

柏のやぎはし整体院

当院は、芸能人/アスリート/音楽家/整形外科医も通うおすすめの整体院です。


柏市のやぎはし整体院のトップ画像

柏で「ぎっくり腰」なら、やぎはし整体院へ!!

柏で『ぎっくり腰』の治療



で「ぎっくり腰」の治療> 



ぎっくり腰」とは、重い物を持った時や体を捻った時などに腰痛が突然出現します。

強い腰痛を伴い、寝返りや起き上がりなどの動作に支障をきたすことがあります。

柏市の病院でレントゲンやMRIを行なっても、何も写らないことが多いです。

そのため、軽視されがちですが、ぎっくり腰腰痛を改善しないと問題になります。

腰痛の慢性化、ぎっくり腰の再発があるため、危険です。

ぎっくり腰の整体では、細心の注意が必要です。

柏にいる私達は、病院勤務をして独立しました。

柏で、病院勤務した後、「ぎっくり腰」の整体を行なっている整体院は少ないです。

当院は一日でも早く「ぎっくり腰」のつらさから解放されることをお手伝い致します。



<柏の介護する方に多いぎっくり腰>



介護の場面で移乗を介助する方に「ぎっくり腰」が多いです。

柏の介護施設で働いている多くの方から、「ぎっくり腰」の相談を受けます。

それは相手を持ち上げるときの姿勢(体の使い方)が悪いことが挙げられます。

相手との距離が近い

介助者の腰が高い

相手の足の位置が悪い

車椅子の位置が悪い

必要以上に介助している

介助者の重心の位置が高い

相手がしっかりと前かがみになっていない 
 
これらは相手の状態によって介助量や方法が変わってきます。
 
したがって、このすべてが当てはまるわけではありませんが、ポイントをつかむことによって腰痛が軽減することがありますので、一度ご相談ください。 
    
また、重いものを持った時ではなく、軽いものを持った時に「ぎっくり腰」になったり、靴を履こうとしたときに「ぎっくり腰」になってしまうこともあります。 
 
重いものを持つときは注意しているので、「ぎっくり腰」になることは少なく、軽いものほど油断していることが多いため、注意が必要です!

柏の介護施設で働いている方は、お気軽にご相談ください。

院長の八木橋は、柏の介護施設から「腰痛の予防」や「ぎっくり腰の予防」、「転倒予防」の講演依頼を受けるほど、柏からの評価が高く、信頼されています。

柏に密着した整体院を目指しております!!



<柏の病院での一般的なぎっくり腰に対する治療>



柏で「ぎっくり腰」と診断された後、湿布や痛み止めで様子をみることが多いです。

それ以外にも、すぐに電気を当てたり、患部をマッサージする場合があります。

24時間以上経ってしまった場合、一番大事なのは、患部の安静です!!
 
痛い部分をマッサージしてしまいがちですが、安静が一番良いです!
 
この時期は、コルセットもした方がいいです。 
 
なぜかというと、一般的に痛みが出現して2週間は炎症が起きている時期であるため、患部に刺激を加えると炎症が増して悪くなってしまうのです!

また、患部を温めたりすることもありますが、これも間違いです!!

炎症に対して温めると、悪くなってしまいます。

逆にアイシングを行うのが正解です。
 
ぎっくり腰にアイシングをして体が冷えて悪くなるのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

全身が冷えることはあまり良くないですが、ぎっくり腰のみを直接冷やすことは大変効果があります。
  
例えば、捻挫や打撲をした直後に冷やすのと同じで、腰も炎症が起こっている時に冷やすと、どんどん痛みが引いていきます。



<柏にある当院のぎっくり腰の整体>



ぎっくり腰」には、関節の問題や筋肉の問題などがあります。
   
ぎっくり腰」になった時は、強い腰痛を伴うため、「ぎっくり腰」となった部分の周囲の関節が硬くなっていたり、筋肉がこわばっているとスムーズに治らなかったり、後遺症が強く残ることが多くあります。 
 
当院では、スムーズに治るのを邪魔している要因を見極めて、整体します!

これは難しいことで、患部を刺激して悪化させることなく、整体が必要な部位を的確に行います!

柏の当院の整体師は病院で培った経験を活かして、安全かつ正確に整体することを得意としています。

ぎっくり腰」になる前に、柏のやぎはし整体院で整体をしておくことをおススメしております。

ぎっくり腰」に関しては、柏だけではなく、市外や県外からもお客様がたくさんおいでいただきます。

柏にある当院の「関節の引っ掛かり」に対する整体は、柏では大変珍しく、お客様に大好評です。

柏だけではなく、関東という広い地域でみても、当院の整体は珍しいです。

ぎっくり腰」でお悩みの方は、柏のやぎはし整体院へお越しください(^^)




ぎっくり腰に対しての骨盤の施術  ぎっくり腰の対しての骨盤矯正  ぎっくり腰の骨盤の位置確認




ブログ 「ぎっくり腰は、柏のやぎはし整体院へ」も参考になります!!



詳しくは、腰部の整体をどうぞ!



多くの喜びの声を見る


トップ


〜当院の考え〜




〜整体技術〜


〜当院の整体〜



神経系




首・頭蓋骨








産前(妊婦)・産後



腹直筋離開


腹直筋 超音波エコー検査


腹直筋離開で悩む方の集い


腹直筋のサポーター


腹直筋トレーニング法


腹直筋リセット法


腹直筋離開 質問集


トレーニング@


トレーニングA


トレーニングB


トレーニングC


トレーニングD


トレーニングE


トレーニングF


トレーニングG


トレーニングH


トレーニングI


トレーニングJ


トレーニングK


トレーニングL


トレーニングM


トレーニングN


トレーニングO


トレーニングP


トレーニングQ


トレーニングR


妊娠中の体重増加の内訳


産前(妊婦)・産後の尿漏れ


産前(妊婦)・産後 骨盤歪み


産前(妊婦)・産後の背中痛


産前(妊婦)・産後のむくみ


産前(妊婦)産後こむら返り


産前(妊婦)産後 鼠径部痛


産前(妊婦)・産後の恥骨痛


産前(妊婦)・産後の肩こり


産後の抜け毛


マタニティ・ブルーズ


産後うつ


産後のイライラ


産後の手首の調整


産後の手首の神経の調整


産後の膝の調整


産後の体型の崩れ


産後の尿失禁


むずむず脚症候群



ひざ







腰椎椎間板ヘルニア


腰椎分離症


腰椎すべり症


変形性腰椎症


腰部脊柱管狭窄症


慢性腰痛を改善する?


骨盤ゆがみと腰痛の関係


股関節と腰痛の関係


頸椎と腰痛の関係


坐骨神経痛の整体


坐骨神経痛の整体は筋肉


坐骨神経痛は筋膜の乱れ


腹筋から腰痛がでる?


婦人科の病気と腰痛


腎臓と腰痛の関係


関節の動きが悪いと腰痛


腰痛とインナーマッスル


腰痛と自律神経の関係


筋性腰痛のメカニズム


側弯症


仙腸関節炎


腰椎椎間板症


梨状筋症候群


ぎっくり腰


ハムストリングスの調整


腓腹筋の調整


背骨の関節調整


腰方形筋の調整


大腰筋の調整


腰部調整は、皮膚も重要


パーキンソン病と腰痛


痛みの記憶による腰痛


腰痛体操は間違い


骨粗鬆症による腰痛


腰痛とサッカーの関係


腰痛とバスケの関係


腰痛とテニスの関係


腰痛と野球の関係


腰痛とマット運動の関係


腰痛とバレーボール


腰痛 ラグビー アメフト




スポーツ




股関節




その他



関節リウマチ


骨折後の関節の硬さ


むくみ


重だるさ


(特発性)側弯症


踵骨骨端炎


冷え性


仙腸関節炎


神経障害性疼痛


肋間神経痛


呼吸の調整


肺がん手術後の痛み

(背中・胸)


ぎっくり背中


ぎっくり脇腹


脳腫瘍・小脳腫瘍の手術後

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など


脳梗塞・脳出血後の後遺症

@手足の緊張が高まった

A痛みが生じている

B脚が不安定になった

C力が入りにくくなった
など